ブログ | yamaichi

自然素材でつくる、デザイン住宅

TEL0120-55-8001

営業時間 9:00〜18:00

ニュースです!フランク・ロイド・ライトの建築が世界遺産になりました!

投稿日:2019年07月25日

ライト、やりました!

ハウジング山一は、フランク・ロイド・ライト財団の正規ライセンスをもっています。

そうなんです、世界遺産のライトの思想をカタチにし、

住宅を設計、提案しているんです。

 

今回、登録されたのはニューヨークのグッゲンハイム美術館、

ペンシルベニア州ミルランの滝の上に建てられた邸宅「落水荘」、

落水荘

ウィスコンシン州のジェイコブス邸

イリノイ州オークパークのユニティー・テンプル、

同州シカゴのロビー邸、

ロビー邸

 

ウィスコンシン州スプリンググリーンのタリアセン、

タリアセン

アリゾナ州のタリアセン・ウエスト、

カリフォルニア州ロサンゼルスのホリーホック邸の8邸です。

 

建築分野での登録は米国では初めてだそうです。

 

またアメリカ政府は推薦書で、将来の追加登録を目指す作品の一つとして

兵庫県芦屋市の旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)を挙げています。

もしかすると、芦屋から世界遺産が誕生するかもしれません。

 

なんだか、私自身の設計が認められたようにワクワクしています。

今週、27日(土)、28日(日)には垂水で完成見学会を行います。

ここで、「フランク・ロイド・ライト」の流れを汲む設計に

触れてみてくださいね。

 

🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

 

長期優良住宅の申請をする?しない?神戸から姫路で住宅を提供しているハウジング山一の場合は…

投稿日:2019年07月20日

長期優良住宅をご存知ですか。

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、

以下のような措置が講じられている住宅を指します。

  1. 長期に使用するための構造及び設備を有していること
  2. 居住環境等への配慮を行っていること
  3. 一定面積以上の住戸面積を有していること
  4. 維持保全の期間、方法を定めていること

長期間、不具合なく住まえる家づくりをするために、

劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、

バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、

維持保全計画の基準があるんです。

 

メリットとしては、減税効果があります。

一般の住宅と、比べて住宅ローン減税や登録免許税・

固定資産税などの軽減効果が大きく、

結果、金銭的なメリットがある場合も。

 

ただ建築コストがあがったり、

手続きにかかる費用が生じたりすることもあるため、

総合的な判断が必要とも言えます。

 

ハウジング山一の建てる家は、長期優良住宅認定の性能は、

「最低限の仕様」として提供しています。

ですから認定をとるために、コストアップすることはないです!

 

飽きのこない、不変のデザイン

 

といって、すべてのお施主様が長期優良住宅の申請をしているか

というと、実はとても微妙な問題がありまして…。

 

まず申請には数十万円、かかります。

その分、ローン控除や固定資産税の軽減年数が伸びるので、

お得になることがあるのですが…。

 

ローン控除は、借り入れの金額や期間、お施主様の年収に

大きく左右されます。

必ずしも、申請した方がお得になるとは言えず、

ケースバイケースなんですよ。

 

ですので、申請するかどうかは、会計士さんと

相談してから考えた方が良いと思います。

 

ハウジング山一ではこの体制ができています。

 

家づくりは、税制などをきっちり把握し、

少しでもお得に建てましょう!

こうした体制が整っている住宅会社を選ぶのも大切なポイント。

 

そして。

ハウジング山一は、長期優良住宅仕様は、当然、

クリアした性能の家を提供しています。

わりと、かる~くクリアしています。

ちょっと、ここは強調させてくださいね。

 

設計 船原慶太

 

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

神戸市垂水区で7月27日と28日に完成見学会を行います

投稿日:2019年06月30日

以前、このブログでもご案内させていただきましたが、

7/27㈯、28㈰に神戸市垂水区で完成見学会をさせていただきます。

 

 

土地探しからご一緒し、立地をどこにするか、というところから

間取りまでていねいに提案させていただいたお施主様のお住まいです。

 

お子さんが2人おられますので、

「子ども動線」「洗濯動線」を念入りにシミュレーション。

 

暮らしやすさがいっぱい詰まっています。

 

プライベートゾーンとパブリックゾーンをしっかりと分け、

ぐるりと回遊できる間取りなので、家事もはかどります。

図書コーナーや家事&PCコーナーもあるんですよ。

そして、デザインにもぜひ注目してください!

床は無垢のチーク材、リビングの壁は調湿性の高い自然素材

中霧島壁(塗り壁です!)。

 

この中霧島壁は、火山灰、シラスから作られたもの。

自然素材100%で左官仕上げなので、温かみのあるテクスチャーも

素敵なんですが、その性能がすごい!

  • ペットやタバコなど、室内にこもるイヤな臭いをすばやく消臭します。
  • 室内の湿度をコントロール。冷暖房効率アップもアップして、光熱費を節減します。
  • 結露を抑えてカビやダニの発生を防ぎます。
  • 化学物質ゼロ、殺菌・空気清浄化作用で家族の健康を守ります。
  • シラスならではの素材感が豊かな風合いを醸し出します。

リビングのアクセントにスクラッチタイルというスタイリッシュな

レンガを貼りました。

外壁もシラスの塗り壁(外壁用のシラスの塗り壁は、

「そとん壁」と呼びます)とスクラッチタイルを採用しました。

 

高断熱性能と、室内の壁と床を自然素材で仕上げて実現する調湿性に

より、とても爽やかな室内の空気も体感してくださいね。

 

他にもたくさん、見どころがありますので、

ご家族みなさんでぜひ、お越しください。

 

事前にご予約くださいね!場所をご案内します。

日時:7月27日(土)、28日(日)10時~18時

TEL0120-55-8001にお電話ください。

営業時間 9:00〜18:00

 

設計 船原慶太

 

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

丹波市でお施主様宅の取材がありました!「はりまの家」をご覧ください

投稿日:2019年06月03日

こんにちは。

先日、自然豊かなお施主さま宅が、住宅雑誌「はりまの家」の取材をうけました。

 

今年のはじめに完成したこのお住まいは、

自然素材・デザイン・性能が、ちょうど良い快適な家に出来上がりました。

 

玄関から直通の、和室とシューズクロークを設け、不意のお客様でも慌てない

ゾーニングになっています。

 

洗面所横にクロークを設け、

着替えや洗濯物の収納もスムーズです。

 

ダイニングキッチンにスタディコーナーがあり、

お子さんも家族の気配を感じながら、

宿題をしたり、読書をしたり…。

 

雄大な山の稜線を借景にした家。

パラグライダー場が見え、リゾートの雰囲気で寛げます。

 

大自然の風景が、家族の時間を穏やかにしてくれるんですよ。

 

詳しくは「はりまの家」2019後期号をご覧いただければうれしいです。

 

設計 船原慶太

 

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

 

神戸、明石、加古川、姫路で、完成見学会から良い住宅会社を見極めるコツ

投稿日:2019年05月07日

令和になり、長いゴールデンウィークも終わりました。

連休の後半は、良いお天気になり、家づくりをお考えの方は、

住宅展示場に足を運ばれたかもしれませんね。

 

どのモデルハウスも住宅の完成見学会でも

お洒落で素敵だと思います。

 

だからこそ見た目だけで、その住宅会社の力量を見るのではなく

一歩踏み込んで見極めるコツをお伝えしますね。

 

まずはリビング。

どの会社もここの出来上がりには、注意を払います。

見るだけでなく、大切なのは「ソファに座ってみること」。

モデルハウスを立ったまま見学される方がおられますが、

実生活で立ってる時は、家事をする時か、移動をする時。

 

だから、自宅で寛ぐときと同じように、

背もたれにゆったりともたれかかって座ってみてください。

その目線から見える部屋の雰囲気はどうですか?

ゆったりと寛げますか?

落ち着けるなら、合格です!

 

 

 

 

次に、洗濯動線は実際の建物を歩いてシミュレーションしてください。

洗濯機と物干し場の間を水分を含んだ洗濯物を持って

何度も往復するのは重労働です。

ラクに動けるなら、合格。

 

明石から姫路のエリアは晴れの日が多い気候で、

外干しを基本に考える方も多いです。

ただ、共働きも増えました。

 

部屋干しも想定した洗濯動線を考えてくれる住宅会社なら、

なお安心ですね。

 

そして子ども動線。

小学生なら、家族の目が届くリビングなどに

勉強スペースを設けるケースが増えています。

やっぱり家族の姿が見えた方が、お子さんも安心。

その場合、勉強道具や学校の用具をどこに置くか、

考えてプランできていますか。

 

そして最後に収納をチェック。

例えば、ベッドを置く場合でも、

季節ごとの布団の収納スペースはちゃんとありますか。

 

漠然と空間を見るだけでなく、

そこでの暮らしをリアルにイメージして、

暮らしやすいと感じられる家を提案できている住宅会社を

ぜひ、選んでくださいね。

 

ハウジング山一では、6~7月頃、神戸市垂水区で完成見学会を

予定しています。

詳細は、またこのブログでお知らせします。

見学の際には、ぜひイメージしながらチェックしてくださいね!

 

設計 船原慶太

 

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

 

明石、加古川、高砂、姫路のお住まいにはリビングが広く感じられるウッドデッキがおススメです

投稿日:2019年04月26日

こんにちは。

ゴールデンウィークですね。

戸外で過ごすのが心地いい季節です!

 

ハウジング山一がお手伝いするお住まいは、

だいたい神戸から姫路周辺なのですが、

このあたりは、温暖な瀬戸内式気候です。

比較的雨が少なく、1年を通して晴天が多いエリアです。

 

ですから、戸外を楽しめるスペースをおススメしたくなります。

もちろん、どこでも空いているスペースに設置するのではなく、

リビングの延長としてたっぷり日差しが当たる場所がいいです。

 

素材は硬い天然木か、木の粉を練りこんだ人工木材だと

腐りにくく、メンテナンスも簡単です。

 

お子さんと遊んだり、お茶や食事をしたり、

ペットと遊ぶこともできますね。

 

リビングと一体感をもたせて設計すると、広がりも感じられ、

室内に開放感も生まれます。

 

最近、洗濯物は室内に、というご家庭が増えていますが、

お天気の良い日には、ウッドデッキで干すことも、できますね。

 

 せっかく雨の少ない、温暖な土地の播磨に住むのでしたら、

伸びやかな戸外空間をたっぷりと楽しんでくださいね。

 

そんなお施主様が、最近とても増えたように感じられます。

あなたもいかがですか。

 

設計 船原慶太

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

 

 

ファミリークロゼットで家事ラクに、加古川・明石・神戸・姫路で子育て中のご家族におススメ

投稿日:2019年04月20日

「ファミリークロゼット」という言葉を耳にしませんか。

家族の衣類を一カ所に集約した「家族みんなのクロゼット」のことです。

レイアウトする場所で、使い勝手は大きく変わります。

 

洗濯した衣類をしまう、帰宅したときに服を脱ぎ、

取り出した服を着るなど、家族みんなの生活場面と

動線に適した場所にプランすると、とても便利。

 

とにかく、どこでもいいからとレイアウトすると、

不便で誰も使わなくなってしまうこともあるので、

家族の動線をきちんをシミュレーションして、

プランするのがポイントです。

 

個室にそれぞれクロゼットをプランすると、

とにかく洗濯のあとが大変です。

干した洗濯物を取り込んで畳み、それぞれの部屋に

収納しに行かなくてはなりません。

 

その点、ファミリークローゼットなら、

取り込んで畳んだ洗濯物を一カ所に収納するだけ。

多忙なママにとって、うれしい収納ですね。

 

ファミリークロゼットが玄関や洗面所の近くにあれば、

帰宅したときにスムーズです。

着替えを取り出しやすいだけでなく、

脱いだ服もすぐに洗濯カゴに入れられます。

そのまま洗面所で手洗い、うがいもできますよ。

 

また小さい子どもがいる家庭では、

外で遊んで汚れた衣類を着替えたり、

入浴後の着衣の際に、洗面所や脱衣所の近くの

ファミリークローゼットならすぐに着替えを出せます。

 

洗濯の負担を減らすなら、

洗濯物を干す場所に合わせて設置するのがおすすめです。

洗濯物を干して取り込み、畳んで収納するという一連の

作業をスムーズに行うことができるため、

家事の時間を短くしてくれます。

 

また玄関近くにファミリークローゼットを設置すると、

上着やバッグなど外出の際に使うものも一緒に置けます。

利便性が上がり、忘れものも少なくなるでしょう。

 

 

ただファミリークロゼットで家族みんなが

一度に着替えるのは難しいもの。

だからといってリビングで着替えるのは、

脱いだ服が散らかってしまいそうで気が引けますね。

1階にリビングと和室がある間取りの場合、

和室の近くにファミリークローゼットを設置すると、着替えができますよ。

お子さんの着替えにもとても便利です。

和室は着替えだけでなく、洗濯物をたたんだり、

アイロンがけをしたりと多目的で使いやすいので、

活用の幅が広がるでしょう。

 

 

 

大切なことは、家族構成やライフスタイルに合った動線の

ファミリークローゼットを設計すること。

できるだけ緻密に暮らしをシミュレーションして

ください。

そのお手伝いは、もちろん、設計士さん。

ていねいにアドバイスする住宅会社を探しましょうね。

 

設計 船原慶太

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

子ども部屋をシミュレーション。加古川、明石、姫路、神戸のお子さんがまだ小さいご家族へ。

投稿日:2019年04月12日

ハウジング山一で住まいのプランニングをされるご家族では、

お子さんがまだ小さいご家族や、まだこれから、という方が多く

おられます。

今すぐには必要ないけれど、将来に備えて子ども部屋を

確保したい、というご要望が多いです。

 

「子ども部屋についてのアンケート」(2015年野村不動産アーバンネット調べ)によれば、将来的に子ども部屋を用意したいと考えている人が77.1%で、その適齢期は「小学校1年生」と考えている人が39.2%でした。

 

子ども部屋は何をするスペースでしょうか。

勉強する、学校に必要なモノを収納する、遊ぶ、寝る、

洋服を収納する。

そのためにベッドと机を置くスペース、クロゼットなどの収納、

できれば友達が遊びに来てもゆっくりできる広さで、

TVも置きたい…。

 

すべてを叶えようとすれば、スペースはどんどん広がりますね。

ただ最近、小学生頃は、リビングで勉強するご家庭も多いです。

同時に登校に必要な学用品やランドセル、教科書なども、

同じ場所に収納する場合もあり、

リビングにそうしたカウンター&収納を提案することも

多くなりました。

 

また個室のクロゼットですが、洋服を洗濯して、干して、

収納するという家事動線を考えたら、ファミリークロゼットを

洗濯動線のどこかにプランしたほうが、家事がラクになります。

 個室ごとにクロゼットがあったら、

洗濯物の収納のために各部屋にもっていかなければならず、

忙しい時にはそれができずに、洗濯したものがリビングに

山盛りに、ということにもなりそう…

 

遊ぶのも、個室でこもるより、家族のいるリビングの方が広いし、寂しくないし…。

ということは、小学生時代の個室は、寝る、自分のものを収納するくらいの機能があればいいことになりますね。

 

中高生では、勉強も自分の部屋ですることが多くなりますが、

試験前の集中したい期間以外は、リビングで勉強、

という声もよく聞きます。

 

それにひと昔前なら、電話は親に聞こえないよう、

自分の部屋で、という感じでしたが、

ラインでのやりとりも多くなり、部屋にこもらなくても、

LDKのソファでスマホを操作してもプライバシーが守れます。

 

また、家庭でのスマホに触れる場をリビングで、

というルール決めをされているご家庭もありますよね。

 

そして、もし大学から下宿するとなると、6歳から18歳までの

たった12年しか、子ども部屋は必要なかったことになります。

意外に短い期間だと思いませんか。

 

そう、子ども部屋が活躍できる期間は短いです。

 

私は、子ども部屋はできるだけ狭く、不便な方がいいと思っています。

そうすると部屋にこもらず、リビングで家族とすごすことになりますよね。

 

また不便だからこそ、創意工夫して、

居心地のよい空間をつくるよう、試行錯誤することに。

与えられるのではなく、自分で考えることも

とても大切ではないでしょうか。

お子さんがまだおられないか、小さいご家族は、

「子ども部屋」を必須と考えられる方が多いですが、

子ども部屋をプランする前に、周りの方に

子ども部屋がどんな風に使われているか、聞いてみてください。

 

家族みんなが揃い、団らんする期間って実は短い。

子ども部屋を広く、快適にするよりも、

 

リビングを広く居心地よくして、みんな同じ空間で過ごす方が、

豊かな住まいになりそうな気がします。

 

設計 船原慶太

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

新元号の令和のように、自然を愛で、慈しむ住まいをオーガニックハウスで

投稿日:2019年04月04日

新しい元号、令和は、梅の花の美しさに春の訪れを喜ぶ歌から引用したそうです

実は、建築界にも自然の美しさをモチーフにした建築家がいます。

近代三大巨匠のひとり、フランク・ロイド・ライトです。

 

 

こんな照明、ドラマや雑誌で見たことありませんか。

これもライトがデザインしたもの。

 

ライトは、『自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、

住む人にもフィットするようにデザインすること』を唱えました。

 

生徒に貝殻を見せ、「これも自然界の家の例です。

この海の生き物は、貝殻という美しい家に住んでいます。

姿、形、模様のすべてが機能的で、しかも単純で上品で美しい。

これが偉大な建築様式なんですよ」 と言ったそう。

 

この考えを受け継ぎ、自然をデザインした住まいが、オーガニックハウスです。

 

室内はこんな感じ。

 

 光が入り、自然素材いっぱいの、気持ちよさそうな空間ですね。

 

外観はこんな風。

流行に左右されない、何十年経っても古びない、カッコいいデザインです。

 

ライトの住まいについてのこんな美しい絵本もあるんですよ。

「しぜんのかたち、せかいのかたち」という絵本。

ライトの考え方をわかりやすく、楽しく解説しています。

 

 

身体に、心に、心地よい家を追求したフランク・ロイド・ライトとオーガニックハウス。

興味を持たれた方は、実物のモデルハウスもありますので、

ぜひ声をかけてくださいね。

 

設計 船原慶太

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

加古川や明石、姫路で、2階バルコニーは絶対、必要でしょうか?ご一考ください!

投稿日:2019年03月30日

住まいの設計で、「思い込み」ってかなり多いです。

和室や広い子ども部屋は絶対必要だとか、洗面室には必ず洗濯機を置くとか…。

そういった思い込みの一つが「2階のバルコニー」。

 

2階建ての家には、2階にバルコニーを設置し、

洗濯物やふとんを干す、というのは定番ですよね。

 

 

でも夫婦共働きご家族や、花粉症に悩まされる方は、

洗濯物は「部屋干し」することが基本になりつつあります。

 

外に干して、たっぷりの太陽で洗濯物を乾かしたい!

という方も、もちろんおられると思いますが、

留守の多いご家庭だと難しいです。

突然の雨に備えて、屋根のあるバルコニーにしても、

風で雨が吹き込むこともあります。

また花粉の飛ぶ季節には、外干しを躊躇することも。

 

そんなご家族に提案するのが、

「ランドリースペース」。

お風呂の近くや洗面室の隣室に、部屋干しのスペースを設けたり、

2階の吹抜けホールに物干しのスペースをレイアウトします。

吹抜けに面したホールは洗濯物や布団干しにも最適

2階バスルーム横にランドリースペースをプラン

 

これが可能なのは、仕上げ材が自然素材だから。

ハウジング山一では、自然素材にこだわり、

無垢の床や自然素材の壁を標準にしています。

調湿性の高い自然素材の壁紙や塗り壁は、

室内の湿度を調節することができるのです。

 

ビニールクロスの壁と違って、結露やカビが発生しないんです。

 

部屋干しのスペースを確保したら、2階の物干しのためのバルコニーはなくても大丈夫。

 

バルコニーは定期的に防水のメンテナンスも

必要ですから、建てる時のコストダウンとともに、

メンテナンス費用の節約にもなりますね。

バルコニーのお掃除もいらなくなりますし。

 

もちろん、1階にウッドデッキを設けて、

お天気の日にはここで干すこともできますよ。

 

都心部の敷地20坪もないようなお住まいなら、

バルコニーは必要ですが、

比較的、敷地の広い加古川、明石、姫路エリアなら、

「2階バルコニー」なしも、あるあるです。

 

ハウジング山一では、5月末~6月頃、神戸市垂水区

で、2階バルコニーのない家の完成見学会を予定して

います。

共働きのご家族が暮らしやすい間取りの家です。

ぜひ、ご覧くださいね。

 

設計 船原慶太

 🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡🏡

自然素材でつくる、デザイン住宅

ハウジング山一

施工エリア:兵庫県加古川市、姫路市、明石市、神戸市、高砂市、播磨町、稲美町、三木市、小野市、加西市

エリア外の方も、注文住宅・事務所・店舗の新築・リフォームのご相談に応じますので、電話またはHPよりご連絡下さいませ。

1 / 1412345...10...最後 »